クロス・マーケティンググループとサイカが業務提携 提携に伴い、クロス・マーケティング、ディーアンドエム3社共同サービスを提供開始

  • プレスリリース

本提携に伴い、クロス・マーケティンググループのグループ会社である株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹、以下クロス・マーケティング)、株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区、代表取締役:杉村 昌弘、以下ディーアンドエム)と、サイカの3社での共同サービスの提供を開始いたします。

本サービスでは、サイカが提供する広告効果分析ツール「XICA magellan(以下マゼラン)」で行うMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)1をベースに、クロス・マーケティングが提供する認知度や好意度などの消費者意識指標が売上などの事業成果に与える影響の定量的な分析から、ディーアンドエムによる、分析により間接効果を含め算出した広告効果に基づく獲得単価改善運用支援を行います。

1 マーケティング・ミックス・モデリングとは、統計的な分析手法を用いて、様々なマーケティング施策が売上などの事業成果に与える効果を定量的に測定し、マーケティング投資の最適化やシミュレーションを行うものです。

本業務提携契約の背景

  1. 生活者ニーズの多様化や細分化が進み、広告宣伝手法も多岐にわたる中、実施した広告施策の効果把握は、リスティング広告や動画広告などのオンライン広告はWebのログなどの行動データで、テレビCM、交通広告などのオフライン広告はブランドリフト調査などのアンケートによって、それぞれ効果測定が行われることが一般的となっています。

  2. 多くの企業では、マーケティング分析において、売上や広告出稿量、広告出稿日時などの「量的」データは日次・週次単位で存在するものの、認知度や購入意向度などの「意識調査」データは日次・週次単位では存在しないという現状があります。調査コストや運用負荷がかかることから、意識調査は1ヶ月~3ヶ月ごとの実施が一般的で、データの粒度が粗いため、認知度や購入意向度などの消費者意識を反映した効果把握や、効果予測等、一歩踏み込んだマーケティング課題へのアプローチには至っておりません。

  3. クロス・マーケティングにおけるデジタル広告・オフライン広告の広告接触者へのブランドリフト調査や、広告効果の上下変動要因調査などは、顧客企業における広告効果の可視化に役立てられているものの、調査に基づく意識データの提供に留まっていました。

  4. ディーアンドエムが支援する獲得施策においても、投下施策全体のROAS把握が難しいことから、広告予算や獲得単価は、施策単体の直接効果から試算・決定されることが多く、顧客企業はその他のデジタル施策やオフライン施策を含む全体のROASからKPIを設定し、中長期的な指標を設けることが難しくなっています。

各社のサービスについて

サイカが提供する広告効果分析ツール「XICA magellan(以下マゼラン)」は、日次・週次単位でデータの取り込みおよび解析を行い、施策全体の直接的、間接的効果を可視化することで、「オンライン・オフラインを横断した広告効果の評価」、「投資対効果を最大化する予算配分」を支援するツールとして注目されており、国内No.12 のMMMツールとして、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に100社以上に導入されています。
一方、クロス・マーケティングは、消費者パネルを活用する意識調査を行い、主に認知などのブランドの現状把握、商品開発および商品発売後の効果把握など、多岐にわたる領域でお客様のマーケティング活動を支援しています。
また、ディーアンドエムは、セールスプロモーション、デジタルマーケティング領域でサービスを展開し、お客様のブランディング、獲得施策の支援を行っています。

2 調査期間:2019年10月16~18日/調査概要:マーケティングミックスモデリングツールおよびオンオフ統合分析ツール10社を対象としたイメージ調査/調査手法:インターネット調査/調査対象者:22-69歳、男女、全国、マーケティング職種、上場企業勤務、TVCM出稿企業勤務/調査委託先:株式会社ショッパーズアイ

3社による共同サービスの概要

① 認知度や好意度などの消費者意識指標と事業成果の連動を可視化

製品・サービスに対する認知度や好意度などの消費者意識データを週次または日次の粒度で取得し、マゼランの分析に用いることで、認知度や好意度の上昇・下降が売上などの事業成果に与える影響を定量的に測定することが可能になります。
認知度や好意度の調査は、調査コストや運用負荷が制約となり1ヶ月~3ヶ月ごとに実施されるのが一般的であることから、データの粒度が粗く、従来は分析に用いて売上などの事業成果への効果を定量的に把握することが困難でした。
しかし、クロス・マーケティングの豊富な調査実績に基づき構築された調査技術により、安価に効率よく週次または日次の細かい粒度でデータを取得することが可能になり、これをマゼランの分析に用いることで、たとえば「認知度が1%上昇すると売上が100万円増加する」といった事業成果への効果が定量的に明らかになります。

② 間接効果まで考慮された獲得単価を改善する広告運用支援

マゼランの分析に基づき、広告単体の直接効果のみではなく、間接効果も考慮して算出される、ROASの重要指標である獲得単価を10%以上改善することにコミット3してインターネット広告運用代理を行います。
マゼランは、インターネット広告、オフライン広告から外部的な影響要因まで、事業成果に影響する多種多様な要素を統合的に分析するため、間接効果も含めて広告施策の獲得単価を算出することができます。
本サービスでは、マゼランにより間接効果も考慮して算出された獲得単価を指標として改善を支援します。広告運用開始後3ヶ月以内で獲得単価が10%以上改善されなかった場合は、代理店フィーは無料4となります。

尚、本サービスは、上記の①②をそれぞれ個別に提供することも可能です。

3 すべてのケースでの改善のお約束ではないため、成果視点等、指標については相談の上で進めさせていただきます。
4 改善後は通常の代理店手数料が発生いたします。詳細はお問い合わせください。

今後の展開

サイカとクロス・マーケティンググループは、テレビCM・インターネット広告を共に出稿している企業をターゲットとして共同サービスを提供し、2020年上期を目処にサービス成果事例の創出を目指します。

本サービスに関するお問い合わせ先

株式会社ディーアンドエム 担当:濵田
TEL : 03-6859-1192 E-mail : sales-inq@cross-m.co.jp

DATA &
MARKETING

800万人のパネルネットワークと 最大2000の属性情報で
デジタルマーケティングにソリューションを

ディーアンドエムでは、調査・分析の
ノウハウと、デジタルデータを組み合わせ、
最適なアプローチ方法でお客様の
マーケティング活動、プロモーション活動をサ
ポートします。

お気軽に
お問い合わせください