D&M消費者データ、DACの「AudienceOne®」との 連携を開始

 

 株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:杉村 昌宏、以下、D&M)はこのたび、自社が保有する消費者データ(オーディエンスデータ)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田 雅也、以下 DAC)が提供するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)「AudienceOne®」の連携を開始しました。これにより、DACの連結子会社である株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋葉 典秀、以下 P1)が提供するデマンドサイドプラットフォーム(DSP)「MarketOne®」を利用して、D&Mが保有するオーディエンスデータを用いた広告配信サービスの提供が可能となりました。

 
ロゴマーク
 

【AudienceOne®について】
月間4.8億ユニークブラウザのcookieデータを保有するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)です。広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企業の3rd Partyデータなどを収集・解析し、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化などのさまざまなマーケティング施策に活用することが可能です。

 
【MarketOne®について】
「MarketOne®」は国内最大級のオンライン広告取引プラットフォームです。
独自データを活用した高精度なターゲティング配信や、詳細なレポーティングをオンライン上でワンストップで提供することで、より効果的、効率的な広告運用を可能にします。

 
【広告配信サービスについて】
当社では会員数500万人を超える大規模な消費者パネルネットワークよりアンケートを通じて、性別や居住地、商品・サービスの保有や使用経験、その他情緒的なデータなどユーザーに属するデータベースを構築しています。保有する属性項目数は最大で2000項目におよび、多種多様なオーディエンスデータの中から自社の商品やサービスに合わせたターゲットを選定できます。
このたび、これらのデータを用いた広告配信が「MarketOne®」経由で実施することが可能となりました。

 
また、既存データには含まれないデータについても、個別アンケートで聴取を行うことが可能なため、商品やサービスに合わせたお客様独自のターゲティングデータをカスタマイズし、広告配信データとして活用できます。
なお、オーディエンスデータはD&MでID管理されているため、配信広告に接触したユーザーへアンケート配信を行い、広告効果測定などのダイレクトアプローチも実現できます。
 
【セグメント項目(一部抜粋)】
セグメント項目

<本サービスに関するお問い合わせ先>
株式会社ディーアンドエム
八重柏匡史
TEL:03-6859-2296 / E-mail:info@d-and-m.co.jp

back news