≪概要・コンセプト≫
広告業務において、広告出稿データ・アクチュアルデータ・DMP等、いろいろなデータはあるもののその背景にある「なぜ?」がわからないという課題の解決方法をご提案。多額の予算をかけず、1万円からできるアンケートを活用することで、企画立案・施策内容検討のため業務に有効な事例をご紹介します。

≪講演内容≫
コミュニケーションターゲットの選定、ターゲットを取り巻く環境分析やターゲットのニーズ把握、これらを勘や経験測で、ありもののデータで判断してしまっていることってありませんか?
データドリブンなマーケティング、アクチュアルデータを活用した0次分析などのトレンドワードが行き交う中で、シンプルに「生活者の行動の裏にある”なぜ”を知る」というプロセスを高速・ミニマムコストに抑えることで、「新しい業務プロセス」を作っていきませんか?
新しい生活様式を迎えている昨今、生活者の消費行動や選択価値観も大きく変わろうとしています。変化をいち早くとらえ、施策の成功確率を向上させるためには、“リアルな声”を押さえることが大切です。
本セッションでは、ディーアンドエムが提供する、今までの手法に比べ、圧倒的に簡単に・安く・スピーディに実施可能なデータ連携型高速DIYアンケートツール「Qwantz」の案内と、活用方法事例についてご紹介します。

本ツールでは、同時に紹介代理店も募集しております。
当日は、代理店要項についてもご説明しますので、ご興味をお持ちいただけましたら是非ご参加ください。

≪スケジュール≫
17:00-17:05:オープニング
17:05-17:35:“リアルな声”から生活者マインドを掴み企画・施策に活用する方法とは?
17:35-17:45:質疑応答

セミナーの詳細・お申し込みはこちらから