広告・販促施策、クリエイティブの良し悪し選定、顧客満足度や不満点、これらを勘や経験測で判断してしまっていることってありませんか?
新しい生活様式を迎えている昨今、生活者の消費マインドや選択価値観も大きく変わろうとしています。変化をいち早くとらえ、施策成功確率を向上させるためには、“リアルな声”を押さえることが大切です。

本ウェビナーは、「顧客体験(CX)向上のための、アプリデータマーケティングとは?~ドラッグストアにおけるアプリデータ×アンケートデータの分析結果から顧客体験向上のヒントを得る~」と題し、アプリデータとアンケートデータを活用した、生活者の行動データとインサイトデータから読み取る分析方法について、2部構成でお届けします。

第1部では、ディーアンドエムが提供する、今までの手法に比べ、圧倒的に簡単に・安く・スピーディに実施可能なデータ連携型高速DIYアンケートツール「Qwantz」を利用した生活者の“リアルな声”をキャッチアップし、広告・販促に活用する術を紹介します

第2部では、フラー株式会社 執行役員CMO 杉山様、株式会社サイバーエージェント アプリ運用センター センター長 東樹様をお招きして、実際にappapeのデータ(アプリデータ)を利用したアンケートについて、セッションをお届けします。
本セッションでは、ドラッグストアの業界にフォーカスし、アプリのインストール、利用、来店に及ぼす影響などの実態についてのQwantz実施事例、活用事例についてご紹介します。

<スケジュール>
18:00-18:05:オープニング
18:05-18:20:第1部Qwantzの紹介
18:20-18:55:第2部パネルディスカッション
18:55-19:00:質疑応答

ご注意
※法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みは受け付けておりません
※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります
※セミナー内容と講師は予告なく変更になる場合がございます

プライバシーポリシー
*下記リンク先もご確認いただき、ご同意の上、お申し込みください。
https://www.d-and-m.co.jp/privacy-policy/

セミナーの詳細・お申し込みはこちらから