お知らせ:アクセスログを活用したブランドリフト調査「Ad Analytics」の提供を開始

PDFファイル

 株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:杉村 昌宏、以下、当社)は、アクセスログを活用したブランドリフト調査「Ad Analytics(アドアナリティクス)」の提供を開始しました。Ad Analyticsは、Web広告接触ログデータをもとにユーザーを特定した上でアンケートを実施し、ユーザーの態度変容などブランドリフト分析などの広告効果の測定を可能にします。

 今回の新サービス提供は、動画広告やディスプレイ広告をはじめとしたWeb広告における配信手法の多様化、認知や購買意向度など商品購買などのコンバージョンデータ以外の行動分析の重要性の高まりを受けたものです。

 Ad Analyticsでは、属性データ(パネル)×行動データ(Webアクセスログ)×意識データ(アンケート)から、どのような人が広告・サイトを閲覧し、どのような意識・態度変容に至ったか、さらにその理由までを解明することで、最適なデジタルマーケティングを実現することができます。

 具体的には、対象となるWeb広告に対してユーザーの実際の接触履歴(ログ)を用いて、ユーザーが無意識に接触しているものも含めWeb広告の接触/非接触者を特定し、対象商材に対する意識調査を行うことで、広告施策による態度変容(ブランドにおける認知度、興味度、推奨度、意向度、その他視聴記憶など)を分析します。これにより、通常の広告効果測定ツールやアクセス解析ツールでの定量的な数値指標にユーザーごとの属性および意識的なデータを組み合わせることができ、より多面的なデジタルマーケティング施策の検証を実現することができるようになります。

 また、当社は、広告許諾のあるプロモーションパネルの保有を通して、Ad Analytics実施後の分析結果から、例えば、ブランドに対してのプラスリフトが起きたユーザーを限定して、ディスプレイ広告の配信や当社が提供するプロモーションアンケートサービス「アンケートアド」などの広告施策をワンストップで行うことができます。

 今後も、当社はお客様の「マーケティングパートナー」として、複雑化していくニーズや市場環境に対応できるよう、さまざまなサービスの提供、提案を積極的に進めてまいります。

■アンケートアドについて

 当社およびグループ会社が保有する2000万人を超えるプロモーション用のパネルネットワークから、お客様の商品やサービスに合うターゲット層を抽出し、商品やサービスを訴求。クロス・マーケティンググループとして培ってきたアンケートの“設計・技術力”をベースに、アンケートが持つ特性である“楽しみながら回答できる”“読まないと進めない”という点を活用し、商品・サービスの特長について「認知」「理解」「興味・関心」を自然に促進する継続的なターゲットリーチを図るサービスです

会社名:株式会社ディーアンドエム
代表者:代表取締役社長 杉村 昌宏
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
設 立:2015年4月1日
事業内容:マーケティング支援業務
URL: https://www.d-and-m.co.jp/