お知らせ:コンバージョンユーザーと離脱ユーザーの比較を簡単に!新サービス「Target View」の提供を開始

PDFファイル

 株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:杉村 昌宏、以下、当社)は、サイト来訪者可視化サービス「Target View(ターゲットビュー)」の提供を開始しました。Target Viewは、アンケートによる意識データと対象サイト内での行動データ(アクチュアルデータ)を紐付けることで、コンバージョンデータやサイト内の商材やサービスへの「興味度」「意向度」などを分析軸とし、サイト接触者の可視化分析を行うことを可能にします。そのため、消費者行動のデジタル化が進む中で求められている、ターゲットとなる消費者の行動や意識のより細かい分析の次の施策への活用を実現するための有効なツールになると言えます。

 既存のアクセス解析ツール、広告分析ツールでは、来訪者の離脱ポイントやコンバージョンユーザーの登録情報などによる顧客分析のみが可能で、コンバージョンに至らないユーザーの属性分析、離脱理由の把握・分析をすることができませんでした。

 Target Viewは、当社が提供するプロモーションアンケートサービス「アンケートアド」と連携することにより、ターゲットユーザーの集客からそれらの分析までを簡易かつスピーディ、さらに安価で実施することを可能にしました。

 例えば、行動ログからコンバージョンデータを把握し、コンバージョンユーザーと離脱ユーザーの属性比較、さらにコンバージョンや離脱に至るまでの理由を把握し、その結果によって、広告配信ターゲットの選定やクリエイティブなどのチューニングを実施することができます。

 今後も、当社はお客様の「マーケティングパートナー」として、複雑化していくニーズや市場環境に対応できるよう、さまざまなサービスの提供、提案を積極的に進めてまいります。

■アンケートアドについて

 当社およびグループ会社が保有する2000万人を超えるプロモーション用のパネルネットワークから、お客様の商品やサービスに合うターゲット層を抽出し、商品やサービスを訴求。クロス・マーケティンググループとして培ってきたアンケートの“設計・技術力”をベースに、アンケートが持つ特性である“楽しみながら回答できる”“読まないと進めない”という点を活用し、商品・サービスの特長について「認知」「理解」「興味・関心」を自然に促進する継続的なターゲットリーチを図るサービスです

商号:株式会社ディーアンドエム
代表者:代表取締役社長 杉村 昌宏
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
設 立:2015年4月1日
事業内容:マーケティング支援業務
URL: https://www.d-and-m.co.jp/