ページを選択

株式会社ディーアンドエム(https://www.d-and-m.co.jp/ 本社:東京都新宿区、代表取締役:杉村 昌宏、以下、「当社」)は、株式会社イルグルム(旧株式会社ロックオン)(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役:岩田 進、以下「イルグルム社」)と協業し、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」のデータ分析レポート「D&M AD EBiSレポート」の販売・提供を開始します。

近年、アドテクノロジーの発展に伴う顧客ニーズの多様化に伴い、マーケティング施策の多様化・複雑化が進み、施策の効果分析においても複数のデータの統合的な分析によって、正しく広告費用の投資判断を行うことが求められています。加えて、より精度の高い顧客分析の必要性が増しています。

当社は、500万人超の消費者データ(当社が保有する性別・年齢・居住地などのデモグラフィック情報や、世帯年収および世帯構成、その他各種テーマに紐づけられた2,000項目以上の消費者データ)に関して、イルグルム社が提供する「アドエビス」とサービス連携(データ連携)を行っています。この連携を通して、「アドエビス」上で、特定の広告に接触した消費者が、「何を見て」「どのような行動をとって」「結果(成果)に至ったのか」、もしくは「結果(成果)に至らなかったのか」を可視化し、お客様のマーケティング課題の解決をサポートするサービスをご提供しています。

しかしながら、「アドエビス」をご利用の企業様から、「社内リソースやレポート作成ノウハウ不足等の理由から計測したデータを十分に活用できていない」という課題が寄せられていました。

そこで、当社は、「アドエビス」で計測したデータを様々な角度から分析することで現状を把握するだけでなく、その結果に基づいて、次にとるべきアクションまでを明確にする、データ分析レポート「D&M AD EBiSレポート」の提供を開始しました。

<「D&M AD EBiS レポート」の概要>
「D&M AD EBiS レポート」では、毎月継続的に把握することが必要なCV獲得数や広告費における関係性の分析に加えて、ユーザーのCVタイミングや流入経路分析、媒体別のROI分析など、次の施策の効率的な実行を可能にする分析をパッケージ化し、低単価で提供します。

・分析項目
日別・時間帯別・曜日×時間別ユーザー傾向分析、コスト検証、媒体別評価、
ユーザー流入経路別の効果分析(直接・間接)、属性データ連携・ユーザー分析、コストアロケーション分析
など
※お客様のご要望によってカスタマイズも可能です。

今後も、当社はお客様の「マーケティングパートナー」として、複雑化していくニーズや市場環境に対応できるよう、さまざまなデータ、サービスの提供、また連携企業様とのサービス開発を積極的に進めてまいります。

■「アドエビス」について
「アドエビス」は、導入実績1万件を超える、あらゆるWeb施策の接点・効果を可視化できるマーケティングプラットフォームです。
顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
https://www.ebis.ne.jp/

■株式会社ディーアンドエムについて
会社名:株式会社ディーアンドエム
本社所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 24F
代表者:杉村 昌宏(すぎむら まさひろ)
設立:2015年4月
持株会社:株式会社クロス・マーケティンググループ(東証一部:3675)
事業内容:マーケティング支援業務
URL: https://www.d-and-m.co.jp/

■株式会社イルグルムについて
会社名:株式会社イルグルム(旧株式会社ロックオン)
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者:岩田 進(いわた すすむ)
設立:2001年6月4日
URL:https://www.yrglm.co.jp/
事業内容:
マーケティングロボットの提供
・マーケティングプラットフォーム「アドエビス」「THREe」
・商流プラットフォーム「EC-CUBE」
・運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」